糖尿病も症状しっかり把握しパーフェクトにケア完了する

医者

異常な血管の破裂防ぐ

血管を塞ぐ方法や消滅させる方法

先生

脳動静脈奇形は、人がまだ母体内にいる間に脳内の血管において生じる奇形の一種です。 脳内には動脈と静脈とがそれぞれ別個に存在しているのですが、脳動静脈奇形の人は、本来はあるはずのない血管ができ、それによって動脈と静脈とがつながってしまっています。その異常な血管には、動脈と静脈の両方の血液が流れ込むため、血液がたまりすぎることで膨らんで破裂する可能性があります。 そのため脳動静脈奇形においては、それが起こる前に異常な血管を塞ぐという治療が必要とされています。従来はこの治療は、血管にクリップを取り付けたり血管内にコイルを挿入したりして、血液が流れ込んでくることを止めるという方法でおこなわれていました。しかし昨今では、放射線の照射によって異常な血管を消滅させる方法でもおこなわれるようになっています。

治療を受ける人が増加

脳動静脈奇形は約10万人に1人が発症するという比較的珍しい病気ですが、昨今ではこの病気で通院する人が増えています。なぜなら、先述したように放射線を照射するという、体への負担の少ない治療がおこなわれるようになったからです。 クリップやコイルを使用する方法の場合、入院した上でおこなうことになるのですが、放射線の照射なら日帰りが可能です。入院が必要な場合もありますが、2〜3日程度と短く、長期間仕事などを休まずに済みます。そのため、日常生活に支障を来たしにくいということで、多くの人が安心して治療を受けるようになってきたのです。 治療を受ける人が増えてきたことで、異常な細胞の破裂により生命が危険な状態になる人は少なくなっていくと予想されています。